東京が置かれている保育士の求人事情

subpage01

ニュースでもあるように全国的にも圧倒的に待機児童が多い地域が東京です。


保育園が慢性的に足りない状態になっていますが、これはこれから保育士の求人が増えることを期待することができます。

国も都庁も至上命令になっているのが増園になりますので、これから保育士として働きたいと願い人にとって、東京は明るい地になるでしょう。



だからといって保育士の求人であればどこでも良いわけではありません。


東京の待機児童が多い問題は慢性的な保育園不足にありますが、保育士が少ないのも問題であり、たくさんの求人があることも忘れてはいけません。

神奈川県の保育士情報サイトはこちら

その現状を支えているのは待遇面が悪いことと、保育園の状態が劣化していることが挙げられます。



よってどこでも応募して良いわけではないことを知っておきましょう。

まずチェックするべきことは待遇面だけではなく、保育園の姿勢です。どのくらい働きやすくなっているのかといった福利厚生の面も重要ですが、保育士を守る環境であることも重要です。
慢性的な人員不足はそれだけ子供たちにとってみれば行き届いていないサービスを提供することになり、結果親からのクレームを受けるようになります。そうなるとモンスターペアレントが発生してしまい、居心地が悪い状態で働かなければならなくなり、結局やめなければいけなくなることも考えられるでしょう。

そのような事態に陥らないためにも、保育園の状態をしっかりと確認してから応募するようにしてください。